顎関節症はマウスピースで噛み合わせを調整しても治らない

”アゴのズレ”は噛み合せが原因・・・?

いいえ!

アゴ(顎関節)を開ける開口筋と

アゴ(顎関節)を閉じる咀嚼筋の

引っ張りバランスの崩れが原因です!

アゴのズレが長期になると、

関節面がポキポキ鳴る、口が開きにくい、

というような不具合だけではなく

以下のような症状が起こります

・緊張型頭痛・偏頭痛

・良性発作性頭位めまい症

・慢性的な後頭部痛

・慢性的な目の違和感

・斜頸,頭部の傾き(姿勢的観点から)

では、顎関節の機能解剖を見ていきましょう

顎関節の複雑な構造

と特殊な機能

顎関節は複雑な関節(筋肉)構造にあり機能もマルチです。

不具合を起せば自然治癒し難い関節といえます。

特殊な機能

・内頸静脈,総頚動脈の圧力調整で脳の血流を一定に保つ機能

・内耳圧の調整補助機能

・耳下腺,顎下腺,舌下腺の唾液分泌補助機能

と、特殊な仕事まで課せられている関節です。

では次に、複雑な構造を観察してみましょう。

複雑な構造『顎関節-開閉-のメカニズム』

-咀嚼筋と上下舌骨筋の引っ張りバランスー

上図ー開口筋群(舌骨上下筋群)

「舌骨」を支点にして上舌骨筋と下舌骨筋が働きアゴを開口させます

上図ー咀嚼筋群

関節面の外側翼突筋と内側翼突筋に着目して、次の図をご覧ください

上図の関節面の→をご覧ください

前方の筋(外側翼突筋)が下顎骨-骨頭-を引き、後方の靱帯がそれを支持しながら中央の関節円板をすべるように移動し開口します

最大開口時の関節面

上の写真をご覧ください

下顎骨-骨頭-が関節窩から完全にはずれ脱臼しているように観えますが、これが正常な最大開口時の動きです。もし、左右両方の関節面で骨頭の移動制限が起これば、開口不全の状態に陥りますし、片側だけであれば、その側に-下アゴがずれた-ように見えます。

この現象をつくるのは筋バランスの崩れです。

関節の骨・靱帯・関節円板が原因ではありません。

咀嚼筋と上下舌骨筋の左右の引っ張りバランスを手技調整することが顎関節症を改善に導く方法と考えます。

和柔整体「ぷるタッチ反射術」には、その手技法があります。

Follow me!

コメント

PAGE TOP