《背骨・骨盤・膝症候》背骨のズレ,骨盤の歪み,半月板軟骨の摩耗は「結果そうなった」だけ! 原因は⇒横隔膜を中心とした「体幹深層筋のアンバランス」だった!!

腰が痛むのは背骨がズレたから・・・?

お尻が痛むのは骨盤が傾いたから・・・?

膝に水が溜まるのは半月板軟骨がすり減ったから・・・?

答えはNO!です

背骨がズレる!骨盤が傾く!軟骨がすり減る!のは

『結果そうなった!』だけ

原因は

それを支え動かす筋バランスの崩れです!

そして

”アジャスト”する”ターゲット”は

背骨、骨盤、関節ー靱帯ー軟骨ではなく

アンバランスになった”筋肉”です!

椎間板ヘルニア・脊椎管狭窄症・脊椎スベり症

変形性股関節症・変形性膝関節症も例外ではありません

では、

「ぷるタッチ反射術」で

アジャストするターゲット筋群を観察してみましょう

【 体幹深部ターゲット筋ー全容ー】

後面

1.横隔膜

2.脊柱起立筋(多裂筋)

3.中殿筋

4.小殿筋

5.梨状筋

6.股関節がい旋筋群

7.骨盤底筋

   α.前鋸筋

前面

1.横隔膜

2.大腰筋

3.腸骨筋

●腰椎のターゲット筋

1.多裂筋(脊柱起立筋)

2.大腰筋

腰椎を最深部で支え動かす屈筋ー伸筋

⇒[2大ー腰椎トラブルメーカー筋]

●骨盤のターゲット筋

1.腸骨筋

2.小殿筋

3.梨状筋

⇒骨盤傾斜及び捻れのトラブルメーカー筋

●股関節のターゲット筋

○股関節外旋筋群

⇒股関節のトラブルメーカー筋群でもあり

下肢O脚をつくり膝関節に捻れをつくる

1.梨状筋

2.外閉鎖筋

⇒緊張状態が慢性化すると股関節は変形の方向に・・・

⇒O脚と膝の捻れをつくる

●膝関節のターゲット筋

<膝内旋筋群>

1.縫工筋

2.半腱ー半膜膜様筋(ハムストリングス)

3.薄筋

○脛骨に付着し膝を内旋させる

⇒筋緊張が起こると膝内旋でロックする

<膝外旋筋群>

1.大腿二頭筋ー長頭

2.大腿二頭筋ー短頭

○腓骨に付着し膝を外旋させる

⇒筋緊張が起こると膝外旋でロックする

Follow me!

コメント

PAGE TOP