変形性ひざ関節痛の問題-各論1『O脚』

*O脚で半月板がすり減っている膝*

 O脚でヒョコヒョコ歩く高齢の方をよく見かけます。

初期段階の時は膝に痛みが有り、いろいろと治療をなさったことでしょう・・・

しかし、そのO脚は治らず、対症療法を続けていると『痛み』も感じなくなります。

それはどういうことか?というと、

最初、脳は膝のズレ,狂いの問題を察知して免疫細胞等々に修復させるよう働き掛け治そうとします。

⇒それが炎症反応で「疼痛-発赤-腫脹-熱感」の症状を出し「治している最中ですよ」と表現(警告信号)し問題を改善します。

しかし、膝のズレや歪みが上手く改善されなければ、

完全修復を諦め、それ以上悪くならないように’その状態’を固めてしまいます。  

⇒この様な段階が『慢性変形性ひざ関節症』なのです。

 この状態で何年も痛みが出ない場合、

それは固まりきって安定しているとお考えください。

そうなれば、そのO脚を改めることをしない方が良いと思います。 

もし、長年痛まなかったO脚の膝が、最近また痛み出したとしたら、

これは安定していた膝の歪みが悪い状態に進行し不安定になった証拠です。 

この場合は再度治療するタイミングです。

今までのような対症療法では無く、

なぜO脚になっているのか!?それをどういう方法で改善するとよいのか!?

ということを考えた根治療法を受け、

少しでもO脚のズレ-歪みを改善するよう努力する必要があります。

 痛いから悪いのではありません!全身的な姿勢のくるいが起こり

関節にズレ,歪みが大きくなったから脳が痛みを出して

『治さなあかんでー!』と訴えているのです。

 それでは、WAJUが考えるO脚になる絡繰り=メカニズムを解説します。

O脚のメカニズム

 総論で膝の問題は少なくても

股関節-膝関節-足関節の3つの関節の相関関係を観察しなければならない

と申しました。

O脚の場合

【原因1】股関節が外旋し’太もも’が外捻れを起します。

【原因2】足関節の支持力が落ち足首の横振れをおこします。

【結果】股関節と足関節の中間に位置する膝関節が捻れ横ズレを起します。

【原因1】股関節が外旋し’太もも’が外捻れを起す

O脚は太もも自体が外捻れを起すことから始まります。こんなイメージです

骨・関節でイメージを深めてみましょう

正常(理想形)の場合、大腿骨から膝関節、足関節と=縦軸が通り=ます

股関節が外旋を起す大腿軸は外旋外転を起します

それは⇒筋肉のアンバランが原因です

では、その原因である”太ももを外捻れ”させてしまうトラブルメーカー筋を観てみましょう

股関節外旋ートラブルメーカー筋1『腸骨筋』

大腰筋と2つで構成されている腸腰筋の外側の方で、太ももを前に振り出す(股関節屈曲)の主力筋として働く強力な筋肉です。

大腰筋は股関節から背骨に跨がる二関節筋ですが、腸骨筋は股関節のみに作用する単関節筋であり、骨盤を支持する働きをも課せらています。

股関節外旋ートラブルメーカー筋2『大臀筋』

お尻を形成する人体の中で最大の筋肉(腸骨筋と拮抗筋の関係)で骨盤を後から支持する働きをも課せられています。

:*:腸骨筋と相反-相関関係にある大臀筋は過緊張状態を起すと大腿外捻れの最大トラブルメーカー筋になってしまいます。しかしこの大臀筋は階段の昇降や坂の上がり下りを怠るとすぐに痩せてしまいますよ・・・

股関節外旋ートラブルメーカー筋3『梨状筋』

大臀筋の深部にある深層筋、洋梨の形に見えるのが筋名の由来だそうです

梨状筋を中心とした股関節を外旋運動させる骨盤深層筋群梨状筋症候群』という”筋原性ー坐骨神経痛”の病名にもなっています。腸骨筋と相反-相互関係にあり共に深層部に位置するため問題を起すと施術し難い筋肉です。

股関節外旋ートラブルメーカー筋4『内転筋群』

太ももの内側にベッタリ付いている股関節を内転ー内旋させ、上三つの筋肉とは真逆の働きがある筋肉群です。

内転筋群はその内側をベッタリ覆う大きな筋肉群ですが、歩くことを怠ると筋肉が“萎(な)える”性質があります。この筋肉群のキーワードは「筋力低下」です

:*:内転筋群の弱りで内股の“引っ張り支え”の箍(タガ)はずれO脚が強調されてしまいます。ヒョコヒョコ歩くご高齢の方が瞼に浮かんでしまいます・・・

ここまでのまとめ

1~3の股関節トラブルメーカー筋が

過緊張、筋萎縮(痩せ)の問題、不具合を起すことで

股関節を外旋状態でロックさせてしまいます。

そこに4.内転筋群の筋力低下が加わると

股関節外転(下肢の形状でいうとO脚状態)が強調されてしまいます。

必然的に下腿骨は内旋ー内転が強要されて

膝関節部に大きなストレスが掛かるという絡繰りです。

『股関節が原因!⇒痛みは膝にでる!!』ということです。

【原因2】足関節の支持力が低下し膝の横ブレを起す

 人間は二足歩行の動物です。

しかしキョンシーのように二本足を揃えてピョンピョン跳ね歩くわけではありません。

片脚で支え、遊脚を挙げ、前に送り置きます。

支え-挙げ-置き、支え-挙げ-置き、を繰り返して進む歩行の仕方をとります。

二足歩行の命は片脚支えにある!といっても過言ではありません。

ということは足関節の支持力は全身を支持する礎、基礎となります。

このような観点で考えると足首だけではなく足のユビも等閑にできない!となりますが…

ここでは触れないで起きます。

:*:外反母趾はこの状態の延長線上にあります。後日またブログに出します。

 では、足関節を支持する重要な下腿深層筋を観察してみましょう。

前・後『脛骨筋』

足関節を伸展(足首を伸ばす)させ、つま先を持ち上げる最も強い主力筋です。単関節筋ですので支持力もシッカリしています。⇒足から全身を支える役目の筋肉です。

前・後脛骨筋は”土踏まず”(足裏アーチ)の形成をも行います。この筋に不具合が起こると土踏まずがヘタリ、そのショックアブソーバー力が低下します。

長・短『腓骨筋』

ふくらはぎの外側を走行する筋肉で、起伏のアルある地面を歩行する際、足裏が地面と上手く向き合うよう調整する重要な働きがあります。足裏アーチの維持にも貢献しています。

ここまでのまとめ

この『脛骨筋』『腓骨筋』は足関節の単関節筋ですので最大の目的は足の支えです! 

地面からの衝撃を吸収、地面の起伏を足裏を合わせて調整

このように全身の軸がブレないように陰ながら縁の下の力持ちのごとく頑張っています。

おそらく皆さんはこんな筋肉があることすらご存じないと思います。

しかし、とても重要な筋肉群で、これらの支持力が低下すれば

全身の支えが効かなくなるといっても過言ではありません! 

そして、一番隣接している膝関節がまともに影響をうけてしまいます。

とくに膝横ブレの力学的負荷が掛かりやすくなってしまうわけです。

総まとめ

 アスリートのスポーツ損傷にしても、

老化性の衰えによる関節問題にしても、

多くの方々を苦しめているのは膝痛ではないでしょうか。

大相撲の力士が休場を余儀なくされて番付を大きく下げるのも膝の損傷が多いようです。

老化で足腰が弱り挙げ句の果てに寝たっきりになる

初期原因が膝の問題からと言っても過言ではありません。

何故こんなに膝の不具合が起こりやすいのでしょう? 

それは関節の構造の問題にあります。

股関節と膝関節と足関節は三者-相関して動く関節ですが、

多様に動く球関節の股関節と、

蝶番関節といって遊びが有り可動域が広い足関節に挟まれた

膝関節は平関節で曲がるか伸びるかの一軸性の動きが主です。

そこがO脚に成ってしまうと・・・

負担,ストレスは誰が考えて多大であることがお解り頂けると思います。

 膝関節を”治す”という治療の観点に立った場合、

整形外科的な分野でありますので、

関節構造を改める手術=人工関節=となるのでしょうが、

O脚の場合、はたしてそれで良いのでしょうか。

何故なら、”O脚の膝関節-問題”は全身の構造的な歪みが原因しています。

40年の臨床経験で申しますと、

顎関節まで歪ましておられる慢性変形性ひざ関節症の方を多く見てきました・・・

そして必ずと言っていいぐらい”入れ歯”をしておられました。。

我々の身体はすべて因果関係があり相互-相反関係でバランスを取って行動しています。

痛みを発している関節のみを正しても、

長い目で見ると良い結果に繋がらないことが多いと思います。

 それと、ここは皆さまに認識して頂きたい重要事項なので声を大にして申します。

筋肉が痩せて衰えた関節の不具合や痛み問題は

膝関節に限らず、完治を望むのであれば、

筋肉を増やすべく自己運動が不可欠になります。 

”歩いたり””しゃがんだり”する運動-動作を怖がって怠れば完治はしません!

 和柔整体では、変形性ひざ関節痛で来院された方の施術処置としては、

全身姿勢矯正から始めるパターンとなるでしょう。

そして痛みが70%軽減した段階で運動指導を始めるでしょう。

常にその患者様に即した施術方を考え、最善の処置・施術をさせて頂きます。

Follow me!

コメント

PAGE TOP